厚生労働省もおすすめ!?妊活と葉酸サプリまとめ

公開日: 

葉酸

妊活中に葉酸摂ってる?
妊娠するための色々な活動――いわゆる、妊活が今どんどん盛り上がってきていることはご存知でしょうか?

子供を産みやすくするための身体作りのことをさす場合が多いのですが、それ以外にもセックスの頻度や夫婦仲の心構え、それに妻を支える男のための妊活なるものまで存在するのです。

しかし、やはり妊活の基本は「子供を産みやすくするための身体作り」です。
そのため、食事や睡眠、入浴など生活の様々な部分から身体を整えていくことが重要になってきます。

この体を整えていく中で、日々不足しがちな栄養であり、また妊活には絶対欠かすことのできない栄養があることはご存知でしょうか。

実は今、産婦人科でも「この成分は摂っておきなさい」と推奨されているいわば妊活の必須成分、それは「葉酸」です。

「え、でも葉酸なんてとらなくても子供は産めるんでしょ?」

たしかに葉酸が足りなくても子供は産むことはできますし、現に最近に至るまで産婦人科でもおすすめされていませんでした。

しかし、研究の結果、妊娠中に葉酸が不足していると葉酸をしっかりと摂っていた人と比べて産んだ子供に先天性異常が出る確率が大きく跳ね上がってしまうのです。

厚生労働省も妊活~妊娠中は1日400マイクログラムの葉酸をとることを強くおすすめしていますが、葉酸はなかなか効率よく摂取できるものではありません。

毎日野菜を置く撮り続けても400マイクログラムの摂取は難しいのです。

そのため、当サイトでは妊活中に葉酸を摂る方法として葉酸サプリを服用することを強くお勧めします。

厚生労働省が運営するe-ヘルスネットによると、葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害になるリスクが高くなるそうです。

葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種です。近年の多くの研究から、妊娠初期における葉酸摂取の不足により胎児における神経管閉鎖障害(NTD: neural tube defects)の発症率が高まることが明らかにされました。そこで日本では2000年に厚生労働省から妊娠の可能性がある女性に対して、葉酸摂取に関する通知が出されました。
引用元葉酸とサプリメント ‐神経管閉鎖障害のリスク低減に対する効果

葉酸サプリは今、女性芸能人や女優、モデルなんかが美容の為に飲んでいるということで有名ですが、それ以上に妊娠活動に大きな効果があるとして今プレママを中心に話題を呼んでいます。

おすすめ葉酸サプリは2つ!

中でも今一番人気のある葉酸サプリと何らかの理由で葉酸サプリを飲めない人におすすめできる妊活サプリの2つを紹介します。

ベルタ葉酸

健康補助食品を多く取り扱っているベルタから出ている葉酸サプリ、それがベルタ葉酸です。
完全無添加かつ無香料で信頼できる国産メーカーが作っているサプリなため、安心して飲むことができて、なおかつ体質による効果の差が出にくいです。

ベルタ葉酸だけでなく、それをサポートする成分も多く含まれているので賢い妊活をすることができます。

ベジママ

ベジママはマカサプリ・葉酸サプリといった有名な妊活サプリに続く第三の妊活サプリとして注目されています。
海外の妊活ママに大人気のピニトールという成分を多く含んでおり、それを日本人の身体で最大限効果が発揮されるように作られているのがベジママです。

もちろん、効果がすごいだけでなく安心・安全にこだわられた無添加成分しか使われていないのも◎

シェアありがとうございます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑