産後は薄毛になる?産後の抜け毛とウィッグまとめ

公開日: 

産後の抜け毛

産後は抜け毛が多い?

出産後、ふと気づいたら薄毛になっていたということを経験したことがある人は多いです。

実は出産は女性の人生の中で一番抜け毛が増える出来事なのです。
理由は色々とありますが、一言で言うなら「女性ホルモンの乱れ」が原因です。

女性ホルモンと抜け毛は大きく関係しています。
ホルモンバランスが乱れたことによる抜け毛はホルモンバランスを安定させることで対処することができるのですが、産後はホルモンバランスが安定しにくいのです。

つまり、産後は普段なら有効な手段であるサプリや薬を飲んでホルモンバランスを安定させるという方法をとることができないのです。

安心してください!
産後の抜け毛は戻ります。

妊娠~出産の時期の薄毛や抜け毛は3ヶ月から半年、長くても1年ほどで元に戻りますがこれは体内の栄養やホルモンが安定したときの話です。

やはり出産直後はホルモンバランスが乱れやすいですし、育児は精神を不安定にさせやすいです。

そのため、人によってはずっと抜け毛・薄毛がひどいままということもありえます。
引用元:妊娠中&産後の薄毛・抜け毛対策とは

産後ママの間ではすぐに自分好みの髪型を手に入れることができるからとウィッグを使って髪のボリュームアップをはかることが人気なのです。

ウィッグなら女性ホルモンに左右されることはありませんし、自分の抜け毛状況によって選ぶことができるので、まずは自分の頭皮環境を確かめた上で、その状況に相応しいウィッグを購入するようにしましょう。

ウィッグといえば「頭から浮いてしまい目立ってしまう」「質感が人工的かも」「周りの髪の色と同じじゃない」とネガティブなイメージが多く、不評を買うことが多いものです。

しかし、それは過去の話です。
今の時代のウィッグは本物の髪より本物らしいと評判であり、シャンプーやブロウをしても傷まず、使い勝手が格段に向上しているのです。

薄毛の状態によってウィッグ選びは三段階ある!

今回は産後の抜け毛のパターンに応じたウィッグの選び方を紹介します。

産後の抜け毛が比較的少ない場合

地毛で隠せる程度の抜け毛でも何とかして隠したいのが女心です。
特につむじや分け目周りは元から髪の毛が薄い部分であるため、産後の抜け毛がひどいときに目立ちやすいということでもあります。

このように一部分の産後脱毛を気にしている場合、トップピースタイプの部分的なウィッグを使うことをオススメします。
値段も安く、一部分だけを隠すので不自然さがまったくないのがこのタイプのウィッグの特徴です。

産後の抜け毛が比較的多い場合

産後の抜け毛の状態がひどく、皮膚がはっきりと見えるレベルの薄毛になってしまうということも珍しい話ではありません。

このようなひどい産後の薄毛をウィッグでカバーするのならば、頭部全体をすっぽり覆えるようなフルウィッグがオススメです。
髪の毛の増減に合わせてウィッグを使い分けることがないよう初めから伸縮性の高い生地のものを選ぶのがフルウィッグを購入する時のコツです。

産後の抜け毛を早く隠したい場合・産後の抜け毛を知られたくない場合

ウィッグを取り扱っている店によってはウィッグの作り方を「セミオーダーウィッグ」「と「オーダーメイドウィッグ」から選ぶことができます。

セミオーダーウィッグは頼めば当日に引き取ることができますが、オーダーメイドウィッグは完成までにひと月程度かかってしまいがちです。
その分、オーダーメイドウィッグはウィッグとバレることが絶対にないくらい自分に合ったものをつけることができます。

つまり、産後脱毛を早く治したい場合はセミオーダーウィッグを、産後の脱け毛を誰にも知られたくない場合はオーダーメイドウィッグを使うのが賢い選択ということです。

シェアありがとうございます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑