妊娠中のむくみは体に影響しない!?実は赤ちゃんがしっかり育っている証拠

公開日: 

妊娠中のむくみ

妊娠中はむくみやすい

妊娠が発覚してから中期ごろになるとだいぶ体調が落ち着いてきます。

しかし、体調が落ち着いたかわりに妊娠中期ごろから目立ち始めるのが体のむくみです。

主に顔や手足がむくみはじめるので不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。
また、妊活中の人は「妊娠すると体がむくんじゃうのかあ」と不安になっている人はいないでしょうか。

結論から言えば妊娠中期に出るむくみは赤ちゃんがしっかりと育っている証拠であり、体に悪影響を与えるものではないので安心してください

妊娠してから血液量が増えるのですが、この血液量の増加こそ顔や手足のむくみの正体なのです。
特に足は赤ちゃんを支えるために妊娠前よりも大きく太い血管になるので非常にむくみやすいです。

また、妊娠すると赤ちゃんを育てるために栄養の吸収率が妊娠前よりはるかに高くなるのですが、それによってむくむということもあります。

これは健康な赤ちゃんを育てるためには避けられないことです。

つまり、妊娠をすると体がむくんでしまうのは当然のことなのです。

なぜ妊娠中はむくむ?のについては、スキンケア大学さんの記事がわかりやすいので紹介しておきます。

女性は妊娠をすると、12週目あたりから体内の血液が増えはじめ、34週目に入る時期になると、通常時よりもなんと約40~50%も血液量が増えるのです。しかし、血液が増えているからといっても、血液全体が増えているわけではありません。

「血漿(けっしょう)」と呼ばれる液体が、かなりの量で増えていくのですが、この血漿には血球などの細胞は含まれておらず、90%以上が水です。つまり、血液は水分が多くなり、さらさらの状態になっているのです。血液がさらさらしていると、血管をスムーズに流れやすいため、血栓を防ぎ、お腹の中の赤ちゃんとの大切な連絡器官である胎盤の循環も良くなり、赤ちゃんにも栄養が届きやすくなるというメリットがあります。
引用元:妊娠中のむくみ…赤ちゃんへの影響は?

むくんだことで体や赤ちゃんに悪影響があるのかというとそういったことはまったくないので気にし過ぎても仕方がないと思いましょう。

むくみやすい人がいることには注意

妊娠中に体がむくんでしまうのは当たり前と書きましたが、中には人よりむくみやすい人というのも存在ます。
正確に言えば妊娠した時のむくみが人より目立ちやすい人は存在するのです。

このむくみが目立ちやすい人というのは、妊娠するまで(あるいは妊娠中も)デスクワーク中心だった人や接客業をしていた人のことです。
つまり、簡単に言ってしまえば足の下の方に水分が溜まってしまいがちな人ということです。

また、冷え性で悩んでいる人や運動不足だという人、高齢出産だという人も妊娠中にむくみやすい傾向にあります。
これは体の水分をうまく逃がすことができないからです。

逆に日頃から運動をしている人ほど妊娠しても身体がむくみにくいので覚えておきましょう。

シェアありがとうございます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑