妊活は女性だけではない!男の妊活まとめ

公開日: 

男性の妊活男でも妊活をするの?

元気な子供を作るための活動、妊活は基本的に女性の行動にすべてがかかっていますが、その女性を支えるための男性の妊活というものがあることはご存知でしょうか?

そもそも、男性は「妊娠は自然なことなので余計な手出しをする必要がない」と思っている人が多く、妊活に対して積極的ではないのが普通です。

しかし、実際は男性からのちょっとした協力や些細な心遣いだけで妊娠する確率が大きく跳ね上がることもあるのです。

事実、男性に原因がある確率も高いのです。

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。
先天性のものには、遺伝的要因や発育段階で受けた影響等があり、後天性のものには、ストレス、アルコール、喫煙、肥満、病気や薬の影響、精巣の損傷もしくは機能障害、精子の産出あるいは射精に関するトラブルなど様々なものが考えられます。
引用元:男性不妊の現状

心当たりある人いるんじゃないですか??
ありますよね?
そんなあなたは読み進めてください。

男性ができる3つの妊活

パートナーへの労り

男性は妊娠したいと思っているパートナーを労わることをしていますか?

子供を欲しいと望む女性がなかなか授からない時、メンタルへのダメージはかなり大きくうつ傾向に沈んでしまいがちです。
このことを理解している男性は多くいませんし、理解していたとしても自分の体のことではないため理解が十分でないということもありえます。
母性本能があるため子供が欲しいという気持ちは男性よりも女性の方が強い傾向にあります。
これは裏を返せば女性の方が子供ができない時の悲しみは大きいということです。
そのため、男性は妊活のときはしっかりとしたメンタルケアサポートをしてパートナーの心の負担を取り除くことが好まれます。

精力増強・性欲向上

単純に精力を強くしたり、性欲を上向きにさせることだけでも妊活にとってプラスになることがあります。
そもそも、日本人の男性ほどセックスに淡泊な男性が多い国はそうありません。
勤務時間やライフスタイルなどの都合はありますが、週に1~2回しかセックスをしないという人はかなり多いのです。
上手な妊活のポイントの1つに単純に試行回数を増やすことというのがあります。
これは体を重ねることが増えればそれだけ妊活が増えやすくなるということを意味しています。
では、回数を増やすためにはどうすればいいのでしょうか。
正解は性欲を向上させて体を重ねる頻度を増やし、精力を鍛えて一回の射精量を増やすことです。

常に健康に気を遣うこと

スムーズな妊活とは母親だけでなく父親も健康であることが最低条件です。
そのため、パートナーの体を気遣うあまりに、自分の体調を疎かにしては意味がありません。
妊活は一人でやるものでも、どちらかが支えるものでもなく、二人で一緒になってやるものです。
そのため、体調管理には気を付けましょう。

シェアありがとうございます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑