妊娠中に食べるのはNGな食べ物

公開日: 

食物

妊娠中に●●は食べてはいけない
妊娠している時に次のようなことを言われたことはありませんか?

「魚によっては水銀が入ってるかもしれないから妊娠中は絶対に食べちゃダメ!」
「カフェインって胎児に悪影響を与える可能性が大きいから摂らない方が良いよ?」

このように「妊娠中に食べてはいけないもの」について何かを言われたことがある人は多いのではないでしょうか。

今回は妊娠と食事の関係について紹介します。

まず、大前提として「妊娠中は病気ではないため、厳密に言えば食べてはいけないものなんて存在しない」ということは把握しておく必要があります。

そのため、アレルギーとかの問題がない限り、妊娠中に食事制限をする必要はないのです。
むしろ、元気な赤ちゃんを育てるため、母乳を出やすくするためにしっかりとバランスよく色々なものを食べた方が良いのです。

では、なぜ妊娠中に食べてはいけないものがあると言われているのでしょうか。
「妊娠中に食べると体の中で色々な変化が起こって、妊婦特有のトラブルを招く可能性がある」からです。

つまり、妊娠中に食べてはいけないものなんてないが、食べない方が良いと言われているものがあるということは覚えておきましょう。

妊娠中は生物は食べないほうがよい理由は、胎児に悪影響を及ぼす原因になる!

妊娠中に食べることをおすすめされていない食べ物には次のようなものがあります。

生肉

レバ刺しやユッケなど生肉料理が好きな女性は多いのではないでしょうか。
独特の味だけでなく調理に油を使わないから太りにくいのも魅力です。

しかし、生肉は感染症にかかる確率が高く、妊娠中に感染症にかかってしまうとそれは自分だけでなく、お腹の中の赤ちゃんにまで悪影響を与えてしまいます。

具体的には先天性の精神未発達や視力障害、脳性まひなどの危険性があるので食べるのは控えるようにしましょう。

大型の魚

魚料理は食卓には欠かせません。

美味しいだけでなく、色々な調理方法がありますし、カルシウムやDHAはお腹の中の赤ちゃんの健康にいい影響を与えます。
しかし、魚は微量に水銀を含んでおり、大きければ大きい魚ほどその水銀の量は増えていきます。

そのため、少しだけの摂取なら構わないのですが、連日魚ばかりを食べることや、大型の魚ばかり食べるのは水銀で悩むことになってしまいます。

All aboutさんでも妊婦の魚介類の摂取について言及しています。

最近、魚介類からの水銀摂取が胎児に影響を与える可能性を懸念する報告が出て、厚生労働省からも「妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意」が出されました。ただし、魚介類には赤ちゃんにも必要な、DHAなどの必須脂肪酸が豊富に含まれているので、魚介類を摂ることは必要です。そこで、妊娠中期以降はメチル水銀を比較的多く含むマグロやキンメダイなど大型魚や深海魚を控えて、水銀が少なくDHAを豊富に含むサバやイワシなど小魚中心の摂取が望ましいとされています。
引用元:妊娠中の食べ物・飲み物の疑問

妊娠中の食事まとめ

生肉や大型の魚以外にも生ハムやナチュラルチーズ、アルコールなんかも妊娠中に食べるのはおすすめされていません。

しかし、どれも少しの量なら体に良いと言われているので個人の裁量によって食べる量を決めることが大事です。

シェアありがとうございます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑