妊娠中のシャンプーで赤ちゃんがアレルギーに!?正しい妊娠中のシャンプー選び!

公開日: 

妊娠中のシャンプー

妊娠中に使いたいシャンプーとは!
妊娠、あるいは妊娠するにあたってこんなことを考えたことはありませんか?

「ヘアカラーは控えた方が良いのかなあ」
「いつも使ってるシャンプーとかコンディショナーって地肌に良いの?」
「妊娠中ってシャンプーに気を遣った方がいいよね」

普段から気を遣っている人が多いこえらのことですが、妊娠するとよりデリケートなこととして考えたことはありませんか?
特に人によっては興味のないヘアカラーならまだしも、毎日欠かせないシャンプーのことを気にする妊婦の方は多いです。

今回はこの妊娠中のシャンプーの失敗しない選び方を紹介します。

まず、真っ先に結論から言います。
妊娠中に使うシャンプーは特別なものを使うことを強くおすすめします。
特に市販のシャンプーの購入は控えるようにしましょう。

妊娠中、シャンプーの成分に注意する理由は、体内に吸収されたシャンプーが赤ちゃんをアレルギー持ちにするから

妊娠するとなぜ市販のシャンプーを使ってはいけないのでしょうか。
それは市販のシャンプーのほとんどが合成界面活性剤を使ったシャンプーだからです。

有名なものだとラウリル硝酸ナトリウムが合成界面活性剤にあてはまり、ほとんどのシャンプーに含まれがちです。
この合成界面活性剤は頭皮から体内に吸収されやすい成分であり、頭皮の中から髪の毛を綺麗にするはたらきを持っています。

しかし、この体内に吸収されやすいという特徴が妊婦には危険なのです。

なぜなら、吸収された成分のせいで体の中の赤ちゃんがアレルギー持ちになったり、ぜんそく持ちになってしまう確率が高くなってしまうからです。

他にも市販のシャンプーに含まれがちな防腐剤や着色剤、乳化剤も同じように先天性のトラブルを招いてしまいがちです。

合成界面活性剤の入りのシャンプーは洗浄力が強い反面、このようなデメリットもあるので妊娠中は使わないようにしましょう。

妊娠中はオーガニックシャンプーできまり!

では、妊娠中にはどんなシャンプーを使えば良いのでしょうか。

答えは天然成分100%な自然派シャンプー、いわゆるオーガニックシャンプーを使うようにしましょう。

オーガニックシャンプーは無添加なので防腐剤や着色剤、乳化剤が含まれておらず、もちろん、合成界面活性剤も含まれていません。
そのため、洗浄力は少し落ちてしまいますが、その分、髪の毛や頭皮に対してダメージを与えることがありません。

つまり、体の中の赤ちゃんに対して何も悪影響を与える心配がないのです。

ちなみにオーガニックシャンプーは無香料でもあるのでつわりが激しい時期でも臭いを気にせず使うことができるというメリットもあります。

シェアありがとうございます♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑